看護師

看護師の転職と働き方

看護師から転職した方が活躍する「治験コーディネーター」について

 看護師免許を持っていながら、病院以外の一般企業に勤める方のことはフィールドナースと呼ばれています。看護師免許を持っている方には、医療器具メーカーや薬品メーカーなどその知識を生かす場は数多くあります。大多数の方は病院に勤務をしていますが、こういった一般企業への就職や転職にも強い武器となります。


こういったフィールドナースが活躍する場の一つに、治験コーディネーターという仕事があります。

 治験コーディネーターとは、治験をスムーズに進めるための専門職です。仕事の内容は、新薬の開発に募集する治験モニターの方と製薬会社を結びつけるのが役目です。この仕事は、治験の内容を正しく理解し、それをモニターの方にを正しく説明する必要がありますし、製薬会社とのやり取りもあります。また検査キットの取り扱いやカルテを読むこともありますので、専門知識が必要となります。このような仕事内容からも、看護師の免許を持っている方が適任ということができます。

看護師の経験を活かし、養護教諭に転職する道もあります。

 看護師は、人気の職業ですが、大変な仕事でもあるため転職する人も少なくありません。看護師以外の仕事をする場合には、養護教諭に転職する道もあります。看護師が養護教諭になるには、養護教諭の資格を取る必要があります。最近は、看護大学が増えたので、看護師と保健師の資格の両方を持っている方も多いと思います。


 もし、保健師の資格を持っていればその資格を活用し、養護教諭第2種を申請すれば、働くことが出来ます。看護師のように求人の多い仕事ではありませんが、公立や私立の学校などを調べれば求人情報も出ています。養護教諭は、学校教育の一環としてなくてはならないものであると同時にやりがいのある仕事だと思います。

 採用の時期が決まっていたりするので、転職のタイミングなどは難しく、狭き門になりますが、チャレンジしてみる価値は、十分あります。今までの経験を活かし、働ける仕事なので、転職の際には一度検討してみてはいかがでしょうか?

外来勤務の看護師 患者さんに対して気をつけていたこと

 外来担当の看護師をしていたときに注意していたこと。医療行為に注意することはもちろんだけど、そのほかにも患者さんの応対も大切。そこで、外来担当のときに注意していた患者さんへの接し方について紹介します。いわいる普通の病院の外来勤務の看護師の役割は、お医者さんの診察のお手伝いや医療行為のサポートが中心で、外来に来ている患者さんの応対も大事な役割でした。


 病気や怪我をしてとっても不安な気持ちになってる患者さんが多いし、それに病院に来れば病気とか怪我も治るんじゃないかなっていう気持ちもあって、不安と期待が入り混じった複雑な心境の患者さんの気持ちを配慮しながら応対することが一番大切。お医者さんはそんな気は全くないんだけど、どこか冷たい口調で少し偉そうに患者さんに接してしまうから、看護師はその気持ちを理解しつつ優しい口調で話しかけてあげることが大事。

 どんなに忙しいときでも一切顔には出さないで、テキパキ仕事をこなしつつ、患者さんからの質問とか疑問、クレームにはきちんと答えてあげること。待ち時間が長くなってしまったら患者さんが診察室に入るときには「お待たせしました」の一言かける。

夜勤のある看護師が仕事と子育てを両立する方法

女性の社会進出がめざましく、共働きの家庭もめずらしくない現代ですが、夜勤のあるお仕事をしている母親が子育てもするというのは大変なことです。実際、私も看護師として働きながら2人の子供を育てましたが、本当に辛く、途中でどちらかを辞めたいと思ったことが何度もありました。

私の旦那も夜遅くまで仕事で帰らない人で、生活は不規則、ストレスと不満がたまる一方でした。しかし、このままではいけない、何とかしなければならないと思い、色々な方法を試してみました。一番楽なのが両親に預けることですが、いつも負担をかけるわけにもいかないので、夜ご飯を子供に食べさせ、夜の出勤前、寝る準備を整えてから預けにいっていました。

両親が近くに住んでいない友人は、ベビーシッターを雇ったりしていましたが、夜勤代とシッター料金が同じくらいなので、家計的にも精神的にも肉体的にも辛いと言っていました。ただ、子供が小さいときには夜勤を免除してくれる病院もあり、そのような病院に転職するのも一つの方法かと思います。幸い、看護師の求人は沢山あるので、困っている方は試してみて下さい。
ただ、夜勤は収入源でもありますので、看護師としてはできるだけうまく付き合っていきたいですね。
http://xn--u9jxfxa1jv11q51h70is15cmozb.com/