看護師 救急外来担当

看護師の転職と働き方

私は救急外来担当になった看護師です

 私は看護師になってから10年経過するいわゆる中堅の看護師です。私がこの仕事をしようと考えたきっかけは、父や母や親戚の人に勧められたからで私の希望する職種ではありません。それでも、新人の頃は業務内容など覚える事が豊富にあったので日々の仕事内容については深く考えていませんでしたが、最近は救急外来担当になったのでそのストレスは急激に増えました。

 主なストレスは来院する患者の数で、私の病院では毎日約1200人もの人が来院します。その中で緊急性のある患者とそうでない患者を、いわゆる仕分けをしなければいけないのでかなりの判断力が必要になります。その時の判断によって、後に実際に診察する医師の診察がスムーズにいくかどうかが決まるからです。しかし、元々コミュニケーションが苦手な私だったので患者と向き合う時間が短いのは楽だと感じる時もあります。そんな私の最近の課題は、「短時間でどれだけの情報を患者から得られるか」というのを日々の目標にしています。